ゆる〜く生きていきたいんです

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

対応の悪さに苛立ち、三菱UFJ-VISAゴールドカード解約

ど〜も、だいきちです。

長年保有してきた三菱UFJ銀行発行のゴールドカードを解約しました。
解約時のゴールドデスクの対応があまりにもお粗末でしたので、記録として記事にしておきたいと思います。
f:id:daikichiman:20190527133210j:plain
解約したのはキャッシュカードとクレジットカードが一体となった三菱UFJ-VISAゴールドカードのコンビタイプというもので、年間100万利用で年会費が無料になることが特徴の一般的なゴールドカードです。

だいきちは現在三菱UFJ銀行を給与振込口座として利用しており、またクレジットカードも毎年100万以上利用していましたので実質年会費無料のゴールドカードということで窓口で勧められて作成し、何となく保有していました。

しかし、ここ最近は楽天ペイ、paypayなどのQR決済を始め、クレジットカードも楽天カードYahoo!カード、amazonカードなどが決済方法のメインとなっており、三菱UFJ銀行のゴールドカードでの利用分もそちらに移行しようと考えたわけです。

当初は一般カードへ移行する予定でしたが、デスクの女性の対応があまりにもお粗末でしたので銀行の口座解約も含めて少し検討するつもりです。

以下、デスクの担当セラダ(仮名)さんとのやり取りです。

だいきち
「現在のゴールドカードを一般カードに切り替えたいのですが。」

セラダ
「それでしたら一度現在のカードをご解約いただいて、再度申込をお願いします。」

だいきち
「切替はできないんですか?不便ですね、キャッシュカードと一体になってるんですが、その辺りはどうしたらいいんですか?」

何気なく聞き返したつもりですが、物言いが悪かったのか、この時質問の回答にやや口ごもり、声のトーンが低くなって対応が雑になり、やや厭味ったらしい口調になったように思います。
主観ですし、今思えばですが…

セラダ
「解約後、キャッシュカードが送られます。それまでは今までのカードをお使い頂けます。それでは本人確認のため、4点確認事項があります。」

…4点かぁ…結構多いな…大体2つくらいしか確認されへんのになぁ…
と思いつつ、氏名、生年月日、カード番号、住所を回答しました。

まぁ、ここまでは普通にある話ですが…
ここからが謎の対応でした。

セラダ
「それでは本人確認を行いますのでしばらくお待ちください」
しばらくメロディが流れます…
「だいきちさまお待たせしました、それではこの電話でご解約を承ります。家族カードやETCもご利用頂けなくなりますので宜しくお願いします…etc」

切替はできないので解約後再度申込みが必要だとは聞きましたが、解約するとは一言も言っていないのに本人確認終了後いきなり解約されてしまいました…

ん〜、まぁ、確かに切替えしたいとは言ったし…ちょっと腑に落ちんとこあるけどええかぁ…

「では、2週間後のご解約となりますので…」

だいきち
「わかりました、2週間というのは…?」

別段上記以外の会話はこれと言ってしてませんし、この短いやり取りの中で何がそんなに不満だったのかはわかりませんが、舌打ちとまでは行かないまでもため息が聞こえてきそうな声での回答です。

丁寧な言葉遣いではありますが、鬱陶しい気持ちが伝わる口調でしたので、さすがにだいきちも苛立ってきます。

セラダ
「解約はこの電話で承りますが、正式な解約は2週間後となります。」

だいきち
「あぁなるほど、わかりました。」

セラダ
「カードの有効期限をお願いします。」

だいきち
ん????
また確認???
「〇〇年〇〇月」

セラダ
「家族カードもご利用ですね、ご家族カードの名義人のお名前は?」

だいきち
?????
え?本人確認の続きか??
「え?本人確認は最初に済んでますよね?で、本会員のだいきちのカード解約はこの電話で承ってくれたと伺いましたが…これは何の確認ですか?」

セラダ
「家族カードもご・利・用ですよね?でしたらご家族のご名義も伺わせて頂きませんと…家族カードはお手元にお持ちですか?」

だいきち
「持ってません。しかし家族カードはだいきちの枠内で発行されてるものですよね?家族カードの名義も必要なんですか??」
「まぁ…わかりました、〇〇です。」

セラダ
「確認が必要です!…もう一度名義人のお名前を!」

だいきち
「……〇〇です」

セラダ
「〇〇さまですね、はい、〇〇さまのカードも…etc」
ETCカードもお持ちですね、今お手元にありますか?」

だいきち
「ないです」

セラダ
ETCカードは……、……も使えなくなりますので……、引き落としがある場合は……、etc」

言葉遣いこそ丁寧ですが、明らかに鬱陶しさの伝わる口調でやや早口に延々と一方的に会話が続きます。

………、何や?この対応の感じ…?何か嫌がらせか??
ん?こっちに何か問題があったか??
などと思いつつ…

だいきち
「わかりました、ところで最初に本人確認は行われましたね?その後すぐに解約手続きも済んだとおっしゃいましたね?
その後の家族会員の名義確認や有効期限の確認は何だったんでしょうか?」

セラダ
「ご確認が必要でしたのでお伺いしております。」

だいきち
「そうですか、今まで本人確認後に改めて確認された経験がなかったもので…ところでセラダさんは三菱UFJ銀行の方ですか?委託会社の方?」

セラダ
「いえ、三菱UFJ銀行のク・レ・ジット部門の者です。」

だいきち
「そうですか、どうもありがとうございました。」

セラダ
「………、新たなクレジットカードのお申込みについてですが…」

だいきち
「いや、もう結構です」

ちょっと伝わりにくいでしょうが、セラダさんの物言いはかなり神経を逆なでされるものでした。

まぁ、こちらの主観で書いていますからセラダさんにも思うことがあったのかもしれません。
後半だいきちの物言いも悪くなってはいましたしね。
しかし、だいきちはゴールドカードを一般カードに切替えたかっただけでその旨を連絡したに過ぎません。
感じ方は人それぞれでしょうが、高圧的に喋ったつもりもありませんし、別に苦情を入れたわけでもありません。
なぜその数分の会話でここまで不愉快になるのか…コールセンターが大変なのはわからないではないですが…

過去にもクレジットカードを解約してきましたが、ここまでお粗末な対応をされたのは初めてです…年会費無料のカードの方が遥かに優れた対応です。

正直、この話は主観的な部分が多いので賛否両論あろうかと思いますが、些細なこととは言え、現在の業績低迷もこんなことの積み重ねでは?と感じてしまいますね。
皆がこうではないと思いますが…

しかし、一般カードに切替するにあたり解約後、キャッシュカードを送付後、再度一体型のクレジットカードを発行するなどコスト面等ありとあらゆることにおいて無駄で非効率です。
ダウングレード一つでこれ程の無駄が必要でししょうか…コスト削減に真摯に取り組んで頂きたいものです。

あくまで個人的な意見ですので悪しからず。

ではまた。