ゆる〜く生きていきたいんです

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

人生何が起こるかわからない

ど〜も、だいきちです。

人生何が起こるかわからない、そんなことは当たり前だと言われてしまいそうですが…

つい先日まで普通だった事が突然普通でなくなることは、自身が体験しないとなかなか実感できないものだと思いました。
頭でわかってるだけでは、言い方は悪いですが所詮他人事でしかないという事ですね。

人生は有限です、自分の時間を犠牲にして資産を増やしていくことは老後の備えとして、またゆとりある未来の為に必須だと思います。
しかし、お金の為に現在を犠牲にしているという認識は持っておかなければならないですね。

家族が健康で、子どもが大人になる前に、今得られる時間は老いた自分には望んでも絶対に得ることはできません。
どんなに資産を増やしても時間を買うことはできません。

先を見過ぎて足元が見えてないという事にならないようにしなければなりません。


時間を払って賃金を得る
賃金を払って時間を買う

時間は誰にも平等だと言う人がいます。

でもね、お金や生活のために嫌々でも時間を犠牲にしないといけない人と、お金や生活の心配なく好きな人生を選択できる人とでは時間は全く平等ではありません。
ただ1日は24時間あると言うだけです。

経済的自由を手に入れることはだいきちの目標であることに変わりはありません。

しかし、人生何が起こるかわからない、何を犠牲にするかは良く見極めていかなければならないと思います。


LIXILややこしい感じなんで、微益で撤退しました。
個別株の割合を減らして行こうかと検討中です。


ではまた