ゆる〜く生きていきたいんです

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

高配当銘柄投資戦略について思う事

ど〜も、だいきちです。

だいきちは現在高配当銘柄を中心とした運用を行っていますが、高配当銘柄については、賛否両論様々な意見が飛び交っていますね。
投資戦略の見直しは適宜行いますが、現時点でのだいきちの考え方を整理しておこうと思います。

だいきちは昨年まで頻繁に一部資金で先物取引などでハイリスク運用を行い、資産を増やしていましたが、昨年末などの株価下落等をくらい数年掛けて増やした資産をひと月で吹っ飛ばしてしまいました(^_^;)
当然過去にも同じような失敗を何度も繰り返しています(;_;)
上手く行くときは良いのですが、ここ数年は結局年間を通して大した利益を上げられなかったこと、過去の大幅なリターンは上昇相場に恵まれたことだと深く認識しました(-_-)

またくりっく株365は精神的に消耗が激しいです(~O~;)
まぁ、昨年末のような下落があればその時はまた少し仕込んでも良いかなとは思いますが( ̄ー ̄)

リスクを取りすぎているときと言うのは案外自分では気付いていないものだと改めて思いましたね…欲張らなければ少なくない利益をあげれていたと思いますが、欲張りさえしなければ…
それまでが上手く行っている時ほど負けを認めたくないものですから(-_-;)

そこで、今年からはほぼ現物のみの運用に切替えています。
ほぼ…ですがね(´ε` )

だいきちの現在の保有銘柄はすべて現物で

※国内
JT
KDDI
オリックス
武田薬品工業
東京電力
LIXIL
ヤマハ発動機
ヤマダ電機
すかいらーく
日産自動車

※米国
VT
VTI
VYM
HDV
SPYD

DIS
KO
MCD
PG
XOM
PFE

米国個別はワンタップバイで少額保有ですが、現在の保有株式等は以上となります。

まぁ、一言でいうと面白みのない銘柄かな…と思います。
株価が何倍にも跳ね上がるような可能性はあまりないですからね(´ε` )

まぁ、それでも配当金は毎年ある程度入ってきます。
今年は年初に利確した1557の売買益もそれなりにありますから、銘柄入れ替えや損出しは今年の内にある程度やってしまおうと考えています。

配当金は再投資しますが、含み損の大きくなってきた銘柄は損出しして買い直すか、別の高配当銘柄に切り替えます。

手間が若干掛かることと、必ずしも売り値以下で再取得できるとは限りませんが、株数を減らすことなく取得単価を下げる、もしくは別銘柄に切り替えれば、大きな含み損を抱えてヤキモキすることもありません。

還付された税金でまた株数を増やします。
やっている事は単なる納税の先送りです。

特定の銘柄をしっかり握って離さないと言うのも一つの戦略だとは思いますが、高配当戦略は年間の配当金総額の目処が立ちやすい投資手法ですから、上手く損出しを行いながら取得単価を下げたり、銘柄を入れ替えつつ確実に資産を増やしていくことが良いのかなとだいきちは考えています。

含み益はどこまで行っても含み益です。
場合によっては1日で含み損に転落するかもしれません。
含み損を抱えたとき、だいきちは損切りするのは精神的ダメージが大きいのでなかなか決心できませんが、損出しなら余裕を持ってできます。
まぁ、損出しも不要な状態がベストですけどね(´・ω・`)
それはなかなか難しい…

一先ずそんなところで現時点でのだいきちの投資方針をまとめておきたいと思います。

損切りは出来ずとも損出しはできる!

以上(´ε` )

ではまた!