ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

外貨建て保険でトラブル?┐(´д`)┌ヤレヤレ

ど〜も、だいきちです!



↑産経ニュース

銀行窓口で販売した外貨建て保険が高齢者を中心にトラブルが絶えないそうです┐(´д`)┌ヤレヤレ

もう…ヤレヤレとしか言いようがありませんが…苦情の内容は

・元本保証だと思っていたのに損失が生じた

相続税対策に勧められた、元本保証と思っていたら元本が減っていた

・解約しようとしたら損をすると言われた

・プラスになると思っていたら9割しか受け取れなかった

・苦情を伝えたら当時の職員は退職した、損失補填はできないと言われた

という具合みたいです、んで相談者のうち8割が高齢者…┐(´д`)┌ヤレヤレ


国民生活センターはというと

・保険契約に消費者の理解が得られていない

・消費者の希望に合ってない勧誘などが行われている

・外貨建て保険はクーリングオフしても損失が出る可能性がある

と指摘し、消費者に注意を呼びかけているとのこと…┐(´д`)┌ヤレヤレ


てか、銀行は慈善事業やってる訳じゃないんですから言葉巧みに利益が上がる商品を売りつけてくるのは当然の事です。

うまい話には裏があるのは世の常ですし、銀行員を信頼していたからなどという理由で自分の大事なお金を良くわからない保険に加入しておいて、蓋を開けて損失が出ていれば信頼していたのにと憤る…

減らしたくないなら貯金しておけば良いものを、都合良く増える上に損しないなどと謳った商品をよく理解もせずに購入し、挙句自分は被害者のような面をしている…

まさしく厚顔無恥、もう…ヤレヤレとしか…┐(´д`)┌ヤレヤレ

だいきちの周りの70代(親や親族など)は何でもすぐに

ええようにしといてくれ!
ええようにしといてくれたらかまへん!

と金額や内容も確認せず丸投げします。相手が困って詳細な話をしようとすると

任せる言うてるやろ!

などと怒り気味に言って丸投げしておきながら、出来が自分の思ってるものと違うと突然怒り出したりします、任せておきながら(# ゚Д゚)
親、親族とは言え、いかに緩くて恵まれた時代を過ごしてきたのかと力が抜けますね…┐(´д`)┌ヤレヤレ


今の現役世代(逃げ切り世代除く)は将来に手厚い社会保障公的年金は期待できず、労働賃金は上がらず、悲観的な未来に副業や投資、節約などを余儀なくされています。
何もしなくてもただただ働いていれば、安心な老後が待っているなんて時代はもうないのです(`;ω;´)

将来的には今の現役世代にも同じように銀行に騙された、話が違うと憤る人も出てくることは間違いないでしょうが、8割もいるなんてことはないでしょう…
自分のお金を他人に任せっきりにする人の割合は減っている…と思います…たぶん(;・∀・)

何にせよ、自分のお金はしっかりと自分で考えて運用しないといけませんし、全ては自己責任です(´・ω・`)
損しても誰も助けてはくれませんもんね(;´Д`)

以上はだいきちの主観ですので悪しからず…ではまた!