ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

ボーナス支給と昇給の頭打ち…そして退職金の減額…

ど〜も、だいきちです。


ボーナスが支給されました。
額面で84万、手取り67万です。
35歳としては多い方なのでしょうか?
貰えないところも多いようなので恵まれているのかもしれませんが…もっと欲しい!(# ゚Д゚)

ちなみにだいきちの上司は額面で125万程あったようです…え?仕事してた?納得できん…年功序列の賜物ですね(;´Д`)
だいきちの世代にはそんなもの影も形もなくなってるのでしょう…(T_T)

ボーナスは40万は投資に、10万は家族サービスに…残りは生活費の余剰資金に回す予定です!


さて、先日給与担当者からこんなお話がありました。

担当者
「えー、給料があがります」

室内がざわつきます…
ざわ…ざわ…ざわ…

担当者
「25歳までの若い方が対象です」

室内
「!?」
…ざわ…ざわ…ざわ…

担当者
「理由は…初任給を高くして人材を確保する必要があるからです」
「それ以外の人は…上がらないと思っておいてください」

室内
「!!?」

担当者
「続いて退職手当についてです、え〜、これから年80万ペースで減額されていきますので…保険の見直しなど積極的に行ってください」

室内
「!!!」

担当者退室後、そこらから溜め息混じりに
「はぁ…退職金…」
「え?ほな俺ら100万くらい…?」
などと会話が飛び交っています…

だいきちは…正直あまり感情に変化はありませんでした。
一時、自分の将来を悲観し逃げ切り世代や引退世代の厚遇に憤慨したこともありましたが、何年も前の話です…若かったんですね(^_^;)
何を言ってもどうにもならない事にいちいち腹を立てても時間と労力の無駄ですからね…今は割り切って考えています(^_^;)

いずれこうなる事はわかっていましたし、退職金はもちろん今の社会保障制度だって維持できるかわかりません。
残ってたら儲けもんくらいに考えておくと気持ちも楽というものです…

とは言え、決して納得している訳ではありません…逃げ切り世代が羨ましい気持ちはやはりありますが、だいきちは定年まで勤める気力もないですし、昭和頭のおっさん連中は一刻も早く去ってもらいたいです(;´Д`)

投資をすることが必ずしも良いかは蓋を開けてみないとわからないですが、自助努力は必須の時代ですね!

だいきちの職場では、退職金の減額、一定の年齢から給料は上がらない、残業・休日出勤の抑制がハッキリと告げられました。
もはやサラリーだけでは…食うだけでカツカツになっていくでしょう(;´Д`)

新たな時代に突入しようとしています。

さて、次の一手は…どうしようかな?

ではまた!