読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

社畜脳になってきた!?

ど〜も、だいきちです。

この春から新しい部署で勤務しています。
以前いた部署とは打って変わって、今の部署ではせわしなく働いています。

やはり現場は大変ですね。
この間までのんびりデスクワークやってお偉方の相手ばかりしていたので余計に身体に応えます…(-_-;)

何せ休みがほとんどありませんし、急な残業や急な出勤が頻繁にあります(-_-;)

まぁ、給料は多少増えるのでしょうが…何せ忙しい…というか業務が多い…(¯―¯٥)

しかし、不思議なもので暇なときよりも働いているという実感があり、若い人を中心に職場に活気のようなものがあります。

「やらせてください!やりたいです!」みたいな部下や後輩たちが一定数います。
逆もいますが(笑)

だいきちも昔はこうだったのかもしれませんが…なかなかしんどいのであります(-_-;)
もちろん現場第一線で働く若手がそうでなければ仕事が回らないのも事実ですがね…

当然彼らは現時点では定年まで勤める気でいるでしょうから間違いではないです。
だいきちは所謂イレギュラーだという自覚もありますが、かつてはだいきちも定年まで働く気持ちがありましたから若手たちの行動はよく理解できます。

仕事を覚えたい、新しい事に挑戦したい、評価されたいetcetc
まぁ、仕事を続けていく上でこれらの向上心は大事なことでしょうね。

だいきちは仕事は給料を貰うための一つの手段としてあるもので、勤務先に人生を捧げる気はありません!
が!勤めている間はある程度の結果、向上心は必要となることは理解しています。

しかし、忙しいと段々と思考が社畜化していっていることを実感しています。

仕事に思考力の大半を持っていかれることと仕事に費やす時間が長くなり他の事に割ける時間が明らかに減少したことにより、考えることは

・この仕事捌けたら休むか…
・とにかく寝たい…
・まぁ、しょうがないか…

と言った具合で朝早出勤、残業、休日出勤など言われるがままに受け入れてしまっています。
仕事と睡眠のことが思考の大半になってしまっているのです…。
電車に揺られながら、ふと我に返りました…(T_T)

このままでは…いかんな…

と言うわけでまずは給料がどの程度増えているのか今月確認します。
今月が純粋に新部署での初めての給料日となります。
この職務内容に対してどの程度のリターンを得る事ができているのかが重要です。

だいきちは勤続20年をリタイアの目標に設定していますが、想像以上にリターンがあれば現時点で多少の無理をしてでも資産を増やす必要があります。

さてさて…給料明細を待つことにします!

ではまた!