読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

保有投資信託の解約と積立の停止

ど〜も、だいきちです!

だいきちは現在、毎月投信積立を行っています。
この積立の原資は給料とラサールグローバルリート毎月分配型から取り崩される分配金を合わせた中から行っています。

ラリートは特別分配金ばっかりですけどね…(T_T)

積み立てているものは、
たわらノーロード先進国株式
iFreeNYダウ
iFree8資産均等型
ひふみ投信
となるのですが…

この度、投資信託を見直す事にしました!

具体的には、
たわら先進国、iFreeダウと8資産を全額解約し積立を停止します。

ひふみは個人的に面白い商品だと思っているので現時点では積立を継続しようと思っています。
どこまでこの興味が続くかは不明ですが…(^_^;)

ラリートは幾度となく解約を検討しましたが、わざわざ今損失を出してまで解約するより行けるとこまで行って共倒れすることを選びました(笑)

[↓↓↓結局後日解約しました…(^_^;)]



さて、ではなぜ他をやめるのか?

まず一つはiDeCoでたわら先進国を継続的に購入するので合わせて同じような商品を積立てることに魅力を感じなくなったこと。

次に元々投信の積立を始めた理由はいわゆるほったらかし投資を実践しようと思ったことがキッカケでしたが、だいきちはほぼ毎日市場に目を通しており、手動でのETF購入でも別段問題がないと思ったことです。

そこで現在の積立額を丸々1557購入に当てるか、もしくは毎月ドル転して一定額が貯まれば米国ETFを購入した方が良いと判断しました。

インデックス投信は出口戦略が難しいと言われています。
投信を解約するときに市場が大幅下落していたら…というやつですね(^_^;)
まぁ、その時は毎月定額取り崩しでもするのでしょうが…(;´Д`)


ちなみに解約予定の投信はすべて利益が乗っていますので、解約する事によって課税されることとなります。
正直、解約せずに積立の停止だけにするかかなり迷いました(-_-;)

しかし、分配金を継続的に得る事で他の投資先へ投資の幅も広がりますし、その方が気持ちも盛り上がりますよね(*´∀`)

ですので、
上記投信を全額解約し、ETFを一括購入、現在の毎月の投信積立額をドル転もしくは1557購入に当てるよう運用を変更します!(≧∇≦)b

………やってみて面倒臭かったり、継続できなかったら投信積立に帰ってくるかもしれませんが…(^_^;)

さて…VYMか…HDVか…1557か…どうしよ?(´∀`;)

ではまた!