読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

こんな時人は出世を考えるのかも?

ど〜も、だいきちです!

本当に嫌な事がありました。
だいきちの…というか勤め人の嫌な事の一つに御決裁があります。
…たぶん皆さん嫌ですよね?

あれこれ説明や事前準備も必要ですし、場合によってはケチが付いて再作成なんてことも…( •̀ㅁ•́;)

だいきちはあれこれ言われるのが嫌なので大体の場合は事前に説明できるように下調べしておいたりするのですが、何せ仕事に対する熱意の冷めた男ですので、物言いがふてこいようです(;´Д`)

そんなこんなでこんなやりとりがありました。BOSSと言っても大BOSSではなく部署のBOSSです。
まぁ、中BOSSってとこですかね?

だいきち
「◯◯の件ですが、決裁よろしくお願いします。」

BOSS
「ん?ああ、はいはい。」

だいきち
「◯◯についてはこのように段取りさせて頂き、◯◯のように進めております。etc…etc」

BOSS
「ん〜、◯◯はちょっと…」

だいきち
「こちらについては確認済みですので差し支えありません( ー`дー´)キリッ」

何やらBOSSの顔が曇りましたが、だいきちは坦々と話します。

BOSS
「◯◯は必要ないの?」

だいきち
「そちらは◯◯で調整済みです( ー`дー´)キリッ」

何やらチラ見されましたが、間違ったことは何一つ言ったつもりはありません。

BOSS
「…………………」

だいきち
「………………?」

ふてぶてしくカンに触る物言いだったのかもしれませんが、アホのご機嫌取りにヘラヘラする気は全くありません。
すると書類をジーッと見てBOSSは動かなくなりました(・・;

だいきちは

あれ?…ついに壊れたか(゚A゚;)ゴクリ

と思いましたが…しばらくしてまるで重箱の隅をつつくような些細な指摘が…

だいきちは

…くそがぁ!!!!(# ゚Д゚)
そんな事しか言うことないんやったら言うなや!!!!(# ゚Д゚)

と思いつつ…冷めた表情で

「わかりました。ではその様に段取りさせて頂きます。調整と確認ができ次第改めて報告に参ります。」

とその場を立ち去り、ものの数分で作業を済ませました。
その位つまらん事だったのです。

さて再度報告です。


だいきち
「先程の件ですが、◯◯で完了しております。」

BOSS
「……………。うん、それはいいんだけどね。◯◯は?」

だいきち
…ん?さっき説明したぞ???納得してなかったか?と思いつつ

「先程お話しました通り◯◯のように…」

BOSS
「だからさぁ、その調整はできてるの?」

だいきちの顔にかなりの苛立ちの表情が出ていたと思いますが…

「先程もお話しましたが!◯◯で調整できております!(# ゚Д゚)」

BOSS
「お前の話はもういい!上司を呼んでこい!」

だいきち
「!?…わかりました。では失礼します!(# ゚Д゚)」

だいきちは直属の上司に経緯を説明しました。
併せて再度内容や進捗状況も簡単に説明しました。

直属上司
「ん?BOSSがそれ言うてた?そこそんな気になるとこか?まぁ、ええわ。行ってくる。」

だいきち
「嫌がらせやと思いますけどね。すいません、ご迷惑おかけします。」

直属上司
「あ〜、りょーかいりょーかい」

直属上司はあまり一緒に仕事したいタイプではないのですが(どんなかはまた機会があれば…)だいきちの仕事には一定の評価をしてくれているようで、今回のようなことがあってもすんなり引き受けてくれました。
BOSSが定年前の老害であることは部署でも周知の事実ですしね(;´Д`)

だいきち
「ここまで段取りしてこれやったらもうやってられませんわ!(# ゚Д゚)」

直属上司
「まぁ、ん〜、とりあえず話聞いてくるわ。」

だいきち
「よろしくお願いします。」

で………直属上司が………、
戻ってきました。

戻ってくるまでの時間約3分………

だいきち
「………?あれ?忘れ物ですか?」

直属上司
「ああ、話聞いてきたよ。だいきちの話でオッケーやって。」

だいきち
「!?!?!?(゚A゚;)」
「えっ!?何で???」

直属上司
「何かこれから先だいきちが仕事して行く上でそういう細かいところまで気を付けるようにという思いでな、ちょっと意地悪なことを言ったらしいわ。」

だいきち
「はぁ!?」
…………いやいや、ただ単にだいきちの態度が気に入らんかっただけやろが……カス………

普段から馬鹿なBOSSだとは思っていましたが、重箱の隅をつつくような指摘の上、上司まで呼び出されて…時間の無駄、自分のプライドとだいきちのへのけったくそでここまで意味不明で生産性のないことをされては本当にかないません……定年前に辞めてくれ、マジで…

あぁ…辞めたい………早く自由を………

とだいきちは思いましたが…中にはこういう理不尽から

「出世してこんなことを言われないようにしたい!!!」

と出世のために尽力する人もいるのでしょうね(;´Д`)

だいきちは今回の件でより一層仕事への気持ちが冷めました。

やってられるかぃ!!!(# ゚Д゚)

というなんの生産性もないだいきちのお話でした!
ではまた!