読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

無駄な残業がなくならない訳ですねぇ

ど~も、だいきちです。

だいきちの職場では、世間が騒がれ出してから突然不要不急の残業抑制、ワークライフバランス等々と声高に叫ばれ、何となく残業し辛い雰囲気になり良い事だと思っていました。

が…、この空気2ヶ月も持たずに1人また1人と残業を始めまた以前の空気に戻りつつあります(-_- )

なぜか…というと結局残業しないと単純に給料が激減するからです。
残って仕事をしたい輩がたくさんいる訳です。
そういった輩は幹部であることが多いので、結局他の者も変に気を使い残業に付き合いだしたりし出す訳です( ̄△ ̄)

何かほんまどうでも良い事でも何かと理由を付けて残ろうとします…帰るといってからもダラダラ仕事をしていたり、終業間近に手間のかかることを始めたり、結局なんだかんだでそれを黙認するお偉方たち…

あぁ、あんたらは残業したくてしかたないんやねぇ…
一人でやって部下は帰したれよ…

だいきちはできる限りの抵抗を続けていますが、逃げ切れないケースもあり非常に不愉快です(`Д´)
もちろんやるべき事があって残業せざるを得ない時はサラリーマンの務めとして精一杯やりもします。
しかし、自分の業務外のことで貴重な時間を搾取されるのは本当にストレスです(-_-#)

今しなくても良いことをわざわざ残ってやることは非効率ですし、モチベーションが下がると不満を漏らしている者も少なからずいるのです。
業務効率上も必ずしも良いとは言えません。

遅くに帰宅して早くに出勤なんてだいきちにはストレスでしかありません。


残業したい輩の話はこうです。
給料が下がったと奥さんに怒られただとか、ローンもあって子どもがいるのにこの給料ではやっていけないだとか…等々

給料が下がったことを気にするような奥さんなら何故専業主婦をさせたり、扶養控除内で働かせている?
労働所得はダブルインカムが最強なのですから、働いてくれと頼めば良い事です。
5000万を超える住宅ローンを組んで夢のマイホームを買ったのは自己責任、子どもを私学に行かせたりびっくりするほど習い事をさせているのも自己責任なんですよ。
そして仕事で溜めたストレスを酒で発散する、金がないからと当たり前に割り勘。
自慢話や説教聞かされる部下はさらにストレス感じてますよ。
すべては己の計画性のなさと中途半端に生活水準を上げたあなたが悪いのです。

その上奢ってやりもせんのに部下連れまわして飲みに行くなよ。
金払ってお前と飲みたい奴なんかおらんわ!

…と言ってやりたい(T_T)
ええ、もちろん言えませんけどねσ(^_^;
サラリーマンの悲しいところですね…
 

残業したくない者が

「私はお先に失礼します。」

と言える環境になければ結局長時間労働は減らないのかなと思いました。
だって残業したくてしかたない輩たちがむっちゃくちゃいてますもんね!
そら若手は帰れないでしょう。

やはり従来のサラリーマンの思考はそう簡単に変わりません。
副業解禁や働き方の多様性が現実味を帯びてくればあるいは…といったところでしょうかね…先は長そうです(^。^;)

愚痴りましたが、だいきちは自分の目的達成の為にぶれずにやっていきます!

ではまた!