読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる〜く生きるために今すべきこと 〜セミリタイアを目指す〜

働き続けることが当たり前、そんな人生に疑問を持ち、もっと自由に生きようと思った妻子持ち30代半ばのおっさんが目指すセミリタイアへの道を綴ります。

だいきちの給与所得の推移と今後の方針(2014年〜)

ど〜も、だいきちです。

だいきちは本日から仕事ですが、職場もまだお正月ムードで皆まったりです(^_^;)

さて適度に仕事しつつ、過去の給与明細を見てみました( ̄ー ̄)ニヤリ

給与所得
2014年
6310907円(手取り5426400円)

2015年
7447834円(手取り6273926円)

2016年
7024700円(手取り5768844円)


なるほど…2015年は昇進したことと、結構超過勤務をしたことで多いですね。
長時間働いたので当たり前といえば当たり前ですが(^_^;)

2016年の給与所得は春からの部署異動でかなり下がりましたが、春までは前部署での給与所得が多かったので、今の部署で丸一年であれば2014年より少し上くらいといったところですね。
なんせ社会保険料が爆上がりです…(T_T)くそぉ…

おそらく給与所得はこれからしばらくは横ばいとなると思います。
とは言え、自分の時間を犠牲にして定年まで働けば退職前にざっくり年間給与所得は900〜1000万くらいにはなるのでしょう。
これはサラリーマンが給与所得で得られる一つの目標水準と言えるかもしれません。

しかし、逆に言えばしたいこともせず、家族との時間も自分の健康も精神衛生面も犠牲にして、さらには休みがあってもひたすら疲労を癒やし、次の出勤を嫌だ嫌だと時計を気にながらあと数十年を過ごす代償として得られる金額として妥当なのか…
とてもだいきちにはあと数十年耐えれそうにありません(;´Д`)

ただ無計画に退職することは家庭を持つ者としてできません。
今はひたすら資本的な地盤を固めることに専念しなければならないと自分に言い聞かせているところです…。

と言いながら………つまらん飲み会や付き合いで随分散財してますが………まぁ、社畜の辛いところですね…(T_T)

だいきちは今春も転勤が予想されます…転勤は結構なストレスなのでせめて同じところに3年はいさせて貰いたいものです(T_T)

さて、だいきちの給与所得は一般的には
中流かそのちょい上くらいでしょうか?
やや生活に余裕が持てる分、このくらいの所得と言うのが一番勘違いしやすく無駄な出費が多くなるのかもしれませんね(;´Д`)
周りの人たちの金の使い方もやや派手目の人が多いです。
30代前半としてはそこそこ貰ってる方なのかもしれませんね。
まぁ、少しは見栄張らないといけない職場風土なんですが(ーー;)

今春の転勤先はどんなところか…にもよりますが、まぁだいきちはリタイアを目指して時が来るまで耐えながら、粛々と自分が今すべきことをやっていきます。

今のところ今年、来年、再来年くらいの資産運用の結果が今後の人生を決める可能性が高いと考えています。

今年も気合入れて行くでぇ!

と言う訳で、また!